飼っている犬が皮膚病になったら【動物病院へ連れていって治療を】

ウーマンとペット

小さい体のプードルです

ドッグ

成犬時の体重が23キロ

タイニーとは、とても小さいという意味なので、タイニープードルは、トイプードルよりも体が一回りぐらい小さいのが特徴になっています。タイニープードルは、正式にはトイプードルとして分類されています。成犬時の体重が2キロから、3キロぐらいになっており、毛色はアプリコットやレッド、ブラウン、ブラックなどがあります。美しい被毛が特徴になっており、様々なカットを楽しめますし、抜け毛の少ないので、体のデリケートな人も飼育がしやすくなっています。体が小さくて、とても愛らしい外見をしていますが、タイニープードルの歴史は比較的浅くなっています。日本でも小さいプードルを好む人が増えているため、幅広い年代の人に人気があります。

頭が良く活発で明るい犬

タイニープードルは、トイプードルと同様に非常に頭が良く、明るく活発な性質を持っているため、しつけがしやすく、飼いやすいのが特徴になっています。体は小さいですが、適度な運動量は必要なので、一日に決まった時間は散歩に連れていってあげる必要があります。普段の生活では、こまめにブラッシングをしてあげると良いでしょう。タイニープードルは、子犬の頃からきちんとしつけをしておくと、無駄吠えも少ないですし、学習能力も高いので、基本的な芸はきちんと覚えます。体が小さいので、狭い部屋やマンションでも飼育がしやすいのが魅力です。普段の生活では、エアコンで部屋の温度や湿度を一定に保つようにして、きちんと健康管理をしてあげて下さい。